マゴワヤサシイ

マゴワヤサシイとは、日本古来の食生活。
昔の食卓を再現すると、病気になりにくいとも言われています。

●マ=豆
大豆は納豆、豆腐、味噌などのように発酵させたものがおすすめ。摂取しやすい方法で毎食取り入れましょう。

●ゴ=ごま
たんぱく質・ミネラル・脂質が多く含まれています。刻んだり、すりつぶしたりして使うことで香りが良く、吸収がよくなります。

●ワ=わかめ

現在人に不足しがちな海藻類はミネラル、鉄分が豊富。味噌汁やサラダなどで積極的に摂取していきたい食材です。

●ヤ=やさい

ビタミンとミネラルが含まれる野菜。加熱によって栄養素が損なわれてしまうものもあるため、要注意。市販の野菜ジュースには砂糖が多く加えられている場合あり。

●サ=魚

北の海で獲れた天然物の青魚にはたんぱく質が多く含まれています。たんぱく質はお肉より魚から摂る方が好ましいです。おつまみの小魚やじゃこもOKです。

●シ=しいたけ

しいたけ・えのき・しめじ・なめこ等きのこ類を指します。食物繊維やミネラル、ビタミンが多く含まれ、低カロリーなので、たくさん食べても安心。

●イ=いも

じゃがいも、さつまいも、こんにゃくなど。いも類は食物繊維と炭水化物を多く含みます。特にネバネバ成分を含む里芋や山芋がおすすめです。
マゴワヤサシイ弁当(みそ汁付き)800円で販売しております。